40代でもきれいになりたいアナタ!こちらでは、シワやシミなど若返るための秘密を教えています!



最新記事



商品情報



カテゴリ



RSSリンクの表示



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しみを消すには?



老化と共に増えていく、お肌のしみ。

ファンデーションで隠れるうちはいいのですが、そのうちに綺麗に隠す事が出来なくなっていきますよね。

やっぱり、出来ればしみを気にせずに、スッピンでも街を歩けるようになりたいと思うのが本音ですよね。

それでは、しみを消す為には一体どうしたら良いのでしょうか。

まず、肌の表面にあらわれたばかりの薄い最初の段階のしみの場合には、ビタミンCを服用したり、ピーリングしたりすると効果的です。

ビタミンCを服用する場合、薬局などで市販されているビタミンCが配合されている薬でも良いのですが、より早く効果を実感したい時には、専門の医師から処方された薬を服用すると良いでしょう。

市販のものよりも、効果が早くあらわれます。

ピーリンクも、肌のターンオーバー(スタンレー・コーエン博士が発見したEGFを使うと再生力が高まるそうです)を促進する効果がある為に、体からメラニン色素を排出するサイクルが早くなり、薄いしみでしたら消す事ができるはずです。

ただ、内服薬もピーリング(アルファヒドロキシ酸やサリチル酸などを使って、皮膚の古い角質層を剥がすことをいいます)も、初期段階のしみには効果的なのですが、時間が経って濃くなってしまったしみを消す為には、やっぱりレーザー治療が一番有効です。

もし、しみを消したくてレーザー治療に抵抗がないようであれば、一度、美容(何かに夢中になっていると、自然と保てたりすることも少なくないみたいですね)外科や皮膚科を訪ねてみてもいいですね。

出来てしまったしみを取る為には、大変な努力と費用を必要とします。

そうならない為にも、しっかりとしたUVケアと、ビタミンC(ヒトやサルなどの一部の動物以外は、体内で合成できるそうです)を多く摂取するような食生活を普段から心かけるようにして下さい。










<PR>
胸の谷間を作りたいアナタ!簡単なバストアップ方法を教えてます!
大学受験で合格したい方!効率のいい勉強法はコチラ!


スポンサーサイト

くすみを消すには?



肌のしみやしわで悩む方が多いように、肌のくすみに悩んでいる方もまた多いようですね。

くすみとは、顔色の悪さの事を指します。

肌がくすんでいると、それだけの事で年齢よりも老けて見えてしまうもの。

できれば、くすみを解消して、元の明るい肌の色に戻りたいのですね。

それでは、くすみを消す方法にはどのようなものがあるのでしょう。

まず、くすみを消す為には、あなたのくすみの原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)を知らなくてはなりませんね。

くすみの主な原因としては、一番に血行不良が挙げられます。

と言うと、すぐに肌のマッサージを想像されるかもしれません。

でも、体全体から血流を良くする為にも、運動を取り入れた方がより効果的なのです。

運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)する事により体の内側から健康になり、新陳代謝もUPして美肌効果も期待出来ますよ。

また、乾燥が原因のくすみの場合もありますので、この時にはパックをしてみると良いでしょう。

一度のパックでも、見違える程に肌が明るくなる場合もあります。

最近では、美容液とセットになったパックが市販されていますので、そういったものを利用すると手軽で簡単ですね。

毛穴も気になると言う方は、毛穴のせいで肌がくすんで見えているのかも知れません。

これは、毛穴が黒く見える為に、毛穴が開いた状態になると、顔全体が黒く見えてしまう為です。

このようなくすみには、毛穴ケアを優先して行うと良いでしょう。

くすみが解消されると、顔が見違えるくらいイキイキと見えるになるかもしれません。

ぜひ頑張ってケアしてくださいね。













角質を剥がすと美白になれる?



ピーリングに代表されるような、古くなった角質を剥がし、新しい角質(別名をケラチンともいいます)を再生させる事によって、美白になれると言った事が、最近では定説となりつつありますよね。

それでは、本当に角質(硬タンパク質の一種です)を剥がすと美白になれるのでしょうか。

確かに、ピーリングを行った後の肌は、ゆで卵をむいた時のようなツルツル肌になっていて、肌のくすみも解消され、美白になったような気がしますよね。

事実、ピーリングを行う時に利用するグリコール酸には、コラーゲンの合成の促進や美白といった効果はあるのですよ。

けれど、このピーリング(安易に行うと皮膚トラブルにつながってしまうこともあるので、慎重に注意書きなどをよく読みましょう)も、いきなり肌から必要な分の角質まで剥がす訳ではなく、個人個人の肌の状態を観察しながら、徐々にピーリング(アルファヒドロキシ酸やサリチル酸などを使って、皮膚の古い角質層を剥がすことをいいます)の回数を重ねて美白を促しているのです。

つまり、確かに古くなったメラニン色素を含んだ角質を剥がす事で、肌のくすみが解消されて美白になれますが、それはお肌の調子を見ながらゆっくりと剥がして行くことが大前提となっています。

最近の角質ケアの商品の中には、美白効果を求めるあまりに、角質を過度に剥がしてしまう商品が多いようです。

その結果、肌に必要な角質細胞までも剥がしてしまい、肌トラブルの原因となってしまっているのですからす。

このように、美白効果を謳った角質を取り除く石鹸や化粧水の使用には、充分な注意が必要となります。

美白へ即効性を求めるのではなく、肌に負担を掛けない無理のないペースで肌のターンオーバー(代謝回転ともいい、いわゆる新陳代謝のことをいいます)を促すような方法が、美白には一番効果的なのではないでしょうか。










<PR>
不眠症を改善させるには?
犬のしつけ!無駄吠えを止めさせる方法は?



美白になれる食べ物について!



美白に神経を注ぎ、お金と時間をかけている女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)はたくさんいますよね。

しかし、案外おざなりにされているのが食生活です。

もちろん、美容の面からも、健康の面からも、規則正しい生活と栄養バランスの良い食事が良いことは誰でも理解していると思います。

だからと言って、現代社会での生活では、なかなか実現がむつかしいのも事実のようです。

それでも、美白や美肌のためには、身体の中から磨くのが一番効果的なのです。

せめて、出来るだけ美白効果が高い栄養素を多く取り入れたいものですね。

では、美白のために良い栄養や食事ってどんな物なのでしょう?

最も有名なのは、ビタミンCだとされているのです。

果物に多く含まれていて、熱に弱く調理するとほとんど流れ出てしまう栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)ですので、出来るだけ果物から直接取るのが望ましいです。

朝ごはんを果物にすれねか、間食(食事の合間にとるおやつや軽食をいいます)を果物にするなどの習慣を心掛けるといいかもしれません。

胡麻やオリーブオイル、カボチャなどにたくさん含まれるビタミンE、豚肉やヨーグルトに多く含まれるビタミンB、人参などの緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAは、代謝を活性化させます。

特に、ビタミンBとEを同時に取ると、美白効果がさらに高まるだといわれているのです。

スープにしてしまえば、熱で流れでてしまったビタミンCも効果的に摂取することができますから、温野菜のスープは大変美白効果の高いメニューの一つといえるでしょう。

スープの具材としては、人参・ブロッコリー・ほうれん草・キャベツ・ジャガイモ・さつまいも・カボチャ・海(スイカ割り、カキ氷、ビーチバレーと楽しみ方も色々あります)藻類・豚肉などがお勧めです。













美白になるなら化粧品は使うべき?



ちょっと前までは、化粧品(最近では、口コミをみてから購入する人も少なくありません)と言ったら美白効果の高いものを好んで選ぶような風潮がありました。

でも、最近では、その美白ブーム(その直前に女子高生を中心に流行していたガングロブームの反動だという見方もあります)にちょっとした変化があらわれて来たようです。

いろいろと美白効果を謳った化粧品を試した方が、その効果を実感できず、購入や使用を止めてしまうことが増えているのです。

美白効果を謳った化粧品(人によって合う合わないの個人差がある商品です。食べ物以上に、誰かがいいといっていたからといって、自分にもいいとは限りません)の中には、高価なものがよく聞きます。

それなのに、使用しても美白効果を実感できないと、続ける事で使用する気にはなれませんよね。

それに、美白化粧品にはどちらかと言うと、肌を白くする為の成分を中心にして配合されている為に、保湿成分が一般の化粧品に比べて少ないといわれています。

そう言った理由から、美白化粧品を使うと肌が乾燥してしまうので、使わなくなった方もいらっしゃるかもしれませんね。

美白化粧品(一度や二度使ったからといって、たちまち肌が白くなるというものではありません)を使うと、肌に赤みが出たり、痒みが出たりする為に使用しない方も多いです。

これは、美白する為に、まず、肌の保護バリアを壊してから、メラニンの存在する肌の深部に有効成分を浸透させているからかもしれません。

肌が弱い方は、刺激の強いハイドロキノンが含まれているような化粧品は避けた方が無難でしょう。

美白化粧品は薬ではないので、短期間でシミやそねかすを消して真っ白な肌にしてくれる訳ではありません。

継続的に利用することで、少しずつ肌が白くなっていったとしても、なかなか自分では実感できないものです。

使い始める前の写真を撮った上で、半年くらいを目安に使用してみるといいでしょう。

また、美白になるためには、美白効果の高い化粧品を使うことも重要になりますが、紫外線対策をしっかりと行うことも重要です。










<PR>
旦那と別れたい方へ!上手な離婚方法を教えています!
ニキビを早く治す方法!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。